google-site-verification: google84062e5c4eda871d.html
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
google-site-verification: google84062e5c4eda871d.html

ペンタブ 367

f:id:taruheitaruhei:20161007111406j:plain

ミリは、 小学校2年生の女の子

センチは、3年生の男の子

ミリは ショートカットで痩せている

センチは 茶色のセルメガネをかけている

ミリのほうが 少し背が高い

よくありがちな 女の子の方が 活発で、おしゃべりだ

ある朝 学校で ミリは 同級生の男子三人に 囲まれていた

廊下のまん中で なにやらからかわれている

「 ノッポ女 頭はからっぽ 」

への字に 口をむすんで たえているミリ

偶然 センチが 通りかかる

三人は 名札の色を見て 少したじろぐ

「 あっ 三年生 」

センチは 喧嘩は弱い

「 ちぇっ めんどくさいところに、来てしもた 」

「 しょうがない 」

「 おまえら もうやめとけ 」

精一杯がんばった

幸い 三人は 走って どこかへ消えてくれて ほっとする

その時から ミリにとって センチは 白馬の王子にしか見えなくなる

二人の 運命とやらが 動き出した